オールドレンズとフィルムカメラと思考の成長

最近は最新のカメラやレンズを使わずにオールドレンズを楽しんでいます。

 

カメラやレンズは完璧なものよりも、どこかに欠点があったり、個性があったり、少し扱いが難しかったりしても、どこか愛くるしくなる。

 

昔、地図を調べて車を運転していた時は、道が頭に入っていた。

技術が進んでカーナビに頼るようになると道が覚えられなくなった。

 

携帯で便利になって、字を書くことがなくなると、漢字が書けなくなった。

 

それと同じで、カメラも最先端の技術に頼るよりも、扱いが難しいフィルムカメラやオールドレンズを使うと、いろんな仕組みがわかるようになる。

 

カメラを触っていると、便利でいいのか、不便も大切なのではと、考えさせられる。

 

洋服作りにも同じような感覚がある。

完璧な洋服が正解じゃない。

 

服を着ることで、

考えることが多くなって、

思考が成長出来るような、

そんな服作りがしたい。

f:id:miyatahiroyuki:20210110204812j:image

f:id:miyatahiroyuki:20210110203418j:image
f:id:miyatahiroyuki:20210110203425j:image
f:id:miyatahiroyuki:20210110203429j:image
f:id:miyatahiroyuki:20210110203411j:image
f:id:miyatahiroyuki:20210110203421j:image
f:id:miyatahiroyuki:20210110203415j:image

leica m-p240/super angulon21mm